×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン


キャリアカウンセリング・アセスメント    Career Counseling  養成問題 

アセスメント(assessment)とは職務適性や能力を評価することをいう。

アセスメント



練習問題 1

1問1答式  (重複問題あり)  *暗記トレーニング用に作ってあります。


Q スイスの精神科医ユング性格類型論を元に開発されたのは      日本版MBTI(マイヤーズブリックス)

Q 120の質問文から12の性格特性尺度を持つ                 YG性格検査

Q 160の具体的な職業の興味関心の有無を回答させる形式は          VPI職業興味検査(ホランド)

Q 作業に必要な9種の適性能を測定する                GATB厚生労働省編一般職業適性検査

Q 個人の性格を4つの指標で表し16タイプに類型化してとらえる       日本版MBTI

Q 『職業興味』と『能力に関する自己評価』という2つの側面の適正      適職診断検査CPSJ

Q『興味領域尺度種』と個人の心理的『傾向尺度領域』からなる       VPI職業興味検査(ホランド)

Qタクシー会社で使われる                          YG検査

Q D,C,I,N,O,Co,Ag,G,R,T,A,Sの測定できる項目をもつ                        YG検査

Q紙筆検査と器材検査からなる                     GATB厚生労働省編一般職業適性検査

Q抑うつ傾向、回帰性傾向、劣等感など12項目を測定             YG検査

Q米国ACT社によって開発                         適職診断検査CPSJ

Q12の性格特性から平凡型、不安定積極的型、不安定消極的型、安定積極的型   YG検査

Q6種の興味領域尺度と心理傾向5つの傾向尺度                VPI職業興味検査









Q GVNQSPKFMの適性能で表される。        GATB厚生労働省編一般職業適性検査   

Q金子書房、特性論(相対論)標準得点ではなくタイプ論(絶対論)の指向得点        MBTI

Q 150項目の検査と 15項目の検査で構成(自己評価15の能力⇒ホランド6)    適職診断検査CPSJ

Q外向E、−内向I , 感覚S−直感N、思考T−感情FJ判断的態度−知覚的態度P     MBTI

Qホランドの理論に基づく                     VPI職業興味検査CPSJ

Q特性論(相対論)に基づいた標準得点ではなく、タイプ論(絶対論)に基づいた指向得点   MBTI

Q ホランドがつくったもの               SDS職業適性自己診断テスト VPI職業興味検査

Q YG検査で D』で表せる項目は         depression 抑うつ傾向 

回帰性傾向   劣等感    神経質      Cyclic tendency  Inferiority feelings     Nervousness

客観性がないこと   協調性のないこと           lack of Objectivity   Cooperativeness

一般的活動性  のんきさ 思考的外向      General activity Rhathymia   Thinking extraversion

愛想がないこと   支配性  社会的外向    lack of Agreeableness Ascendance  Social extraversion

Q 15の能力に対する自己評価から成り立つ              適職診断検査CPSJ






キャリアカウンセリング・アセスメント    Career Counseling  養成問題 


アセスメント練習問題 1 アセスメント練習問題 2
アセスメント練習問題 3 アセスメント練習問題 4
アセスメント練習問題 5




キャリア開発 」へ